HOME > ソーラーパネルについて > ソーラーパネルの仕組み

ソーラーパネルの仕組み

ソーラーパネルの仕組みは、性質の異なった半導体を張り合わせ、太陽光を当てると半導体に電流が生じる事によって電気を生み出しています。太陽電池とも言われていますが、実際は電池のように蓄電する能力は無く、電気を生み出す装置と考えると良いでしょう。太陽電池の種類も素材によって異なり、太陽光発電の普及によってどんどん進化しています。


今注目されているソーラーパネル

ソーラーパネルが電気に変える効率が向上し、コストも下がってきたため一般家庭にもどんどん普及してきています。太陽光発電は地球温暖化の原因とも言われている二酸化炭素を出さないため、クリーンエネルギーとして注目されています。本体の価格や熱を生み出す効率などをよく比較するためにも、ソーラーパネルの見積もりを利用すると良いですね。

ソーラーパネル見積もりに関する口コミを見る>>

ソーラーパネル設置の見積もりはコチラ>>

このページのトップに戻る