HOME > ソーラーパネルについて > ソーラーパネルの種類

ソーラーパネルの種類

ソーラーパネルにも種類があります。一般家庭で主流になっているのがシリコン系の太陽電池ですが、より低コストで長持ちするパネルもどんどん開発されてきています。単結晶シリコン型ソーラーパネルがもっとも一般的に使われています。熱変換効率も高いのですが、本体の価格が高いのがデメリットです。今後はシリコンの量が少ないパネルが普及する可能性もあります。


価格の安いソーラーパネル

ソーラーパネルではコストの安い、薄膜シリコン型太陽光電池が徐々に普及してきています。シリコンの量が少なく低価格で販売されており、更に薄型のため自由に形を変形させる特徴があります。電卓など一般家庭でも使用されていて馴染みの深い商品です。その他、多結晶シリコン太陽電池もコストが低く、今後普及していく可能性もあります。

ソーラーパネル見積もりに関する口コミを見る>>

ソーラーパネル設置の見積もりはコチラ>>

このページのトップに戻る