HOME > ソーラーパネルについて > ソーラーパネルの寿命

ソーラーパネルの寿命

ソーラーパネルの寿命は気になるところですね。太陽光発電を採用するなら元が取れるか?というのは多きな課題となります。ソーラーパネルの寿命が短ければ、元が取れる前に本体を買い換えなければならない事もあるからです。大体の寿命では20年程度と言われています。しかし、付属品の寿命はもう少し短いとも言われていますから、業者に詳しい寿命も聞いておくとよいでしょう。


ソーラーパネルは元が取れるか?

ソーラーパネルの寿命を考えると、何年で元が取れるのか?という部分が問題となって来ます。パネルの寿命が来る前に元が取れると考えられれば、太陽光発電は導入する価値があります。一般的には10年程で本体の元は取れると言われています。パネルの寿命はそれ以上の場合が多くなっていますから、多くの場合では元が取れる可能性があると言えるでしょう。

ソーラーパネル見積もりに関する口コミを見る>>

ソーラーパネル設置の見積もりはコチラ>>

このページのトップに戻る